マンションの部屋の間取りとその分け方

我が家は3LDKの分譲マンションに住んでいます。
こちらのマンションは5年前に新築購入し、現在、夫婦と、子供二人の4人で住んでいます。
今現在、子供は小学生一人、未就園児が一人。子供たちに遊ぶ部屋を一部屋。主人の物を置いたり、寝たりする部屋。
子供たちと私たちが寝る部屋と、洋室を三部屋このように使っています。
しかし、我が家の子供たちは、お兄ちゃん一人と妹一人。
いつまで二人で同じ部屋で寝かせてよいのか、また子供たちの部屋を独立するのは何歳のタイミングがベストなのか
タイミングを見計らっている所です。
今から子供たち一人一人に部屋を与えてもよいのかもしれませんが、下の子はまだ3歳なので、まだ目の届くところで遊んでもらいたいし…。
家族4人で、部屋は3部屋。
部屋が一部屋足りないので、どのように分配するのが一番良いのか、決めるまでにとても迷ってしまいます。
また、洋室にそれぞれ、クローゼット、ウォークインクローゼットが付いていて、その部屋に入らないと開けられないので、
将来子供が大きくなったときに、「部屋に勝手に入ってこないでね!」と言われた時に、どうすればいいのかな、というのも悩みます。
マンションを選ぶ際に、ウォークインクローゼットの配置場所も気にしながら購入したらよかったのかなとも思います。
まだ幸い子供たちも小さいので、今のうちにどの部屋を誰の部屋にするのがいいか、いろいろ検討しようと思います。

間取りや家具について書きます。まず間取りですが、家族の人数にもよって違いますが、一人暮らしに人でも2部屋あるほうがいいでしょう。1人暮らし様のワンルームが、ありますが、はっきりいって暮らしにくいです。すごく散らかりやすいです。部屋数が多いほうが、めんどくさそうですが、そうじゃありません。物が邪魔にならないほうが、掃除もしやすいし、なかなか散らかりません。それに1度散らかると掃除をしたくありません。1り暮らしでも、くつろぐ部屋と、寝る部屋は、別にしたほうがいいでしょう。だから、むりして、家賃の高いワンルームのマンションに住むくらいなら安い、広いアパートのほうがいいと思います。何年か住むとわかります。次は、家具について、1番気をつけるのがソファーです。どうせ買うなら、3人がけのソファーがいいと思います。それじゃ部屋がせまくてと、思ったら入れない事、なぜかと言うと、2人がけは結構せまいです。
横にもなれません。部屋のせまい人は、邪魔になるだけです。ソファーより座椅子のほうがいいと思います。テーブルは、なるべく高さのある軽い物をお勧めします。掃除がしやすいです。簡単に動かせます。低くて重い物は中途半端に、物がたまりやすいです。それとベッド、ベッドの下も、ほこりがたまりやすいです。湿気もこもりやすいです。
注意する事は、このくらいだと思います。

賃貸と分譲どちらにするか、結婚が決まって住まいを探し始めた時にすごく迷いました。主人の希望する場所だと賃貸でもそこそこの家賃がかかるし、かといって、何も知らない私たちが新築分譲をどーんと買ってしまうのも勇気がいる。どうしようかと言いながら、主人の会社の社宅を見せてもらったり、新築マンションのモデルルームを見に行ったり、先輩から話を聞いたりと情報を集めた結果、家賃を払い続けるのはやっぱりもったいない。でも、新築は高すぎる。と、中古の分譲マンションを買うことに決めました。希望のエリアで空き物件があると聞けば見せてもらいに行くを繰り返し、やっと決めたのが今の家です。市内で駅近くのマンションなので、間取りは狭いのですが、動線がとてもよくて気に入りました。飾り棚っぽく使える出窓にもひとめぼれして、ベランダから花火大会が見れると聞いたことも決め手の一つでした。購入から8年目を迎えますが、やっぱり当初気に入ったところは、今もお気に入りポイントで、狭いかな。子供が生まれたら部屋数がどうかな。など気になった点は今も、どうしよう。と悩みの種です。実際に生活していくと、結婚前には気が付かなかった細かい点(設備や間取り、自転車置き場のことなど)で、気になることが多々出てくるし、目が肥えて、今モデルルームを見に行くと、結婚前に見た時より細かい点にも目が行き届くので、今の方がよい物件を選べそうだし、どうしても新築一戸建てへのあこがれがあるので、賃貸に住んで新築を購入した友人の話を聞くとうらやましくなることがあるので、やっぱり賃貸に住んでからの方がよかったのかなあぁと思うこともありますが、逆に、賃貸の友人は、校区を変えずに家を探すのが難しいとか、条件に合う物件ってなかなか出会えない。という話も聞くので、ないものねだりなのかもしれません。
一人暮らしなら賃貸に決まってますが、結婚するなら分譲もありかもしれませんね。そんなことよりもまずはシェアハウスで色んな人と関わりを持つのがいいのではないでしょうか。価値観が広がって色んな事に興味が出るかもしれませんよ。

サブコンテンツ
2015年7月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031